技術にゃんこの混ぜご飯

関東某所でエンジニア・プログラマ生活を送るブログ主がチラ裏メモを放り込む場所

【読んでみた】プリンシプル オブ プログラミング

まさにバイブル( ´∀`)bグッ!

雑感

凄く読みやすい本でした。私はこの考え方が好きなので、サクサク読めたというのもあります。

現在進行形のプロジェクトや自分で書いたコードが思い起こされて、時間を取られてしまいました。ちょっとあれは原理原則から外れてしまったなとか、あの辺りはもう少しレベルを揃えて書けば良かったかなとか。

仕事は選べませんので行く先によっては、「プリンシプル? なにそれ? おいしいの?」という現場もあれば、「プリンシプル知らないとかありえないだろ、常識的に考えて」という現場もあったりします。

現場で迷ったらこの本の内容を振り返って、何がその場のベターな策かを考えるのが良いのではないかと思います。目次をさっと見るだけで内容を思い出せる位には覚えておきたいですね。

文理両道

各章の扉にゲーテをはじめとする有名な方々の格言が書かれています。どの方も微妙に文系が混ざっています。この本自体も構造やレベル、コンテキストなどがかなり考えられており、とても読みやすいプログラムになっています。

こういうところが理系と文系の弊害と言いますか、良いプログラムを書くには文理両方のセンスが必要だと思います。『文脈を読んで同じレベルの段落を作る』とか『英語で適切な名前をつける』とか。

具体的にはコード(文)を組み合わせたものがメソッド(段落)。メソッドを組み合わせたのが親のメソッド(意味段落)。関連のあるメソッドを組み合わせたのがクラス(項)。クラスを組み合わせたのが機能(節)。複数の機能で一つの画面(章)。全体として一つのアプリ(本)。……といった具合でしょうか。

レベルはアプリによって違うかもしれませんし、項や節がない場合もあるかもしれません。いずれにしても文章の構造を把握できるかが非常に大事になってきます。

ということは作文を書くのが下手くそだと、やはり下手くそなコードになるのでしょうか(汗)類比や対比が思い浮かばないと、メソッドを上手くまとめられないような気がします。

実はブログを書くのは一種の鍛錬になっているのでは……。

【習慣】ホコリが積もったパソコンは、油をささない自転車に似ている

大漁♪(/・ω・)/ホコリ埃ほこり付箋紙ちり紙ネジ空のペットボトル塵[ゴミ箱]

タイトルの話

油をさしてない自転車は他のメンテナンスもされてないことが多いです。チェーンに溜まったゴミを掃除したり、ブレーキやライトの安全点検をしたり。

でもメンテナンスをしていない自転車の寿命は、きちんとメンテナンスをしている自転車より短いそうです。それにいざという時にブレーキが効かなくなったら大変です。タイムリープはできません。

パソコンは中身の使用可能年数もあって、5年で買い換えなんて言われる時代ですが、それはそれ。使うなら大切に使いたいものです。

職場でパソコンの調子が悪いと言いながら使ってるのをたまに見かけます。よく見てみるとデスクの上がホコリだらけだったとか、クリーナーを一回も走らせた形跡がないとか。なるべくしてなったケースですよね。

丁度、街中でキーキー音を出しながら自転車に乗っているのを見たのと同じ心境です。自転車は自転車屋さんに持っていけばいいですが、パソコンのメンテナンスは個人レベルだと持ち主の裁量によると思います。

パソコンのお手入れ

パソコンは室温の調整が必要だったり、ゴミファイルをクリーナーで掃除する必要があったり。バックアップを作ったり、ウィルス対策をしたり。これらは初歩の初歩ですが、細々していて並べるとキリがないですね。実は結構手間のかかる子です。

私も定期的にタワーの蓋を開けてホコリを飛ばすくらいはします。キーボードは多少サボり気味です。表面を拭くくらいはしますが、キーを全部外してザルでわしゃわしゃは半年に一度くらいです。皆さん、どのくらいの頻度で洗ってるんですかね。

あった(´・ω・)ノネジ[ゴミ箱]

【読んでみた】プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

プロマネ未経験が滲み出る感想です(;・∀・)HAHAHA

xn--97-273ae6a4irb6e2h2k6c0ec7tvc3h1e0dwi7lj952k.com

雑感

【読んでみた】プログラマが知るべき97のこと - 技術にゃんこの混ぜご飯 でも書きましたが、現場経験のある方は理解しやすい本だろうと思います。更に言えばプロジェクトマネージャー(以下プロマネ)を経験した方は共感しやすい本だろうと思います。というのも当方、プロマネの経験が全くないため、本当のところどうであるかは想像でしかありません。

だからでしょうか。逆にこの本の内容をプロマネ以外のメンバーの視点から捉えることはできました。

今後もし万一、プロマネになって経験を積むようなことがあれば、この本を読んだ感想は全く違った角度からのものになっていると思います。

見積と進捗率

見積や進捗管理の記事のような出来事はありがちでした。

ここでは何を報告していいか分からないプロジェクトと、進捗を報告しやすいプロジェクトについて気付いた点を書いておきます。

何を報告していいか分からないプロジェクトでは、進捗率を聞かれても答えようがありませんでした。「感覚でどの位か、大体でいいから教えて」と聞かれて、恐ろしい程あやふやな感覚に基づいて進捗率が割り出されることもありました。

何が原因で進捗率が定まらないのかピンときていませんでしたが、記事を読んで納得しました。ゴールが見えていなかったんですね。最初と最後が分からなければ、進捗率を付けようがありません。

進捗を報告しやすいプロジェクトでは『27.見積もって見積もって見積もる』が徹底できていたように思います。あれはゴールを再設定して、進捗を見直す作業をしていたんですね。

プロマネさん、お疲れ様です

中間管理職?とは違うかもしれませんが、今まで見えていなかったステークホルダープロマネの関係とか、会社の人材を育成しましょうとか、チームを導くには云々かんぬんとか。

もはや私の中で優秀なプロマネはもの凄い人(というか別の次元の人)に格上げされつつあります。チームのプロマネにはなれる気がしません。自分一人で手一杯な感じがしてます。

今度、機会があったら現役のデキるプロマネさんに、本当のところを聞いてみたいです。それと『ありがとうございます』と感謝の気持ちを伝えておこうと思います。

免許・資格一覧

思ったより書くことがない事実に焦ってます(; ・`ω・´)

免許

運転免許

資格

情報処理技術者

食品衛生に関わる資格

※詳しい年月はセキュリティ上あえて記載していません。

【読んでみた】プログラマが知るべき97のこと

短いし最後格好付けた感あるけど気にしません(「・ω・)「ガオー

xn--97-273ae6a4irb6e2hsoiozc2g4b8082p.com

雑感

現場を2, 3箇所経験したプログラマが、本来どうあるべきかを確認出来る本でした。当たり前のことしか書いていないように見えるかもしれませんが、その当たり前ができている人・できている現場はいくつあるでしょうか。

『誰かの常識は、誰かの非常識』という言葉があるように、『どこかの現場の常識は、どこかの現場の非常識』です。そしてそれは『本来あるべき姿』とは異なることもあります。

「なんか働きやすいな」「ん? この現場何かおかしいぞ?」と漠然と感じていた理由が、エッセイの形で明文化されているようなスッキリした感じがしました。

抽象的な概念の記事もあるため、まだ研修期間中のプログラマの卵の方は上手く想像がつかないかもしれません。

やはり現場経験を経てからの方が理解しやすい本です。恵まれた現場にいられることに感謝するか、悲惨な現場にいることを知って変わろうとするかは読んだ人次第かもしれません。

真似してみた

-1.知るべき人は、きっと知らない

この類の本を手に取るのは、向上心のある将来有望なプログラマか、あるいは情報収集をかかさない現役のプログラマだ。

現状維持を謳うステレオタイププログラマや、大企業の歯車にならざるを得なかったプログラマには届かない。だがこの類の本の内容を真に共有すべきは、彼らのような古株のプログラマではないだろうか。彼らの理解を得られなければ、会社の開発環境を変えることなど夢のまた夢だろう。

例えば誰かがミーティングスペースの机の上に本を置いても、会社の広報で紹介されるようなことがあってもーー彼らのうちの数人が本を手にとって読んでくれる、かもしれない程度だ。

仮に読んだとしよう。その上で書かれている内容を受け入れるのは更に難しい。彼らは長年、ずっと同じやり方で仕事をしてきた筈だ。それを否定されれば受け入れるのは困難だし、新しい概念に戸惑うことも多いだろう。

彼らのうち本当にこの本の価値を理解し、意味を知ることができるのは何割だろうか。実践できるのはそのうちの何割だろうか。

だがもし変わろうとしているプログラマがいるなら、少しだけお節介を焼いても良いのではないだろうか。彼らは一歩前に進み始めた、勇気ある新人プログラマなのだから。